みどりとくらす

バラとランと多肉と観葉植物と・・・

【バラ】元肥は 2017 年も「バイオゴールドクラシック元肥」で決定

バイオゴールドクラシック元肥

バラの栽培を始めてから 2 年目・・・目的もなく「京成バラ園」へ行った時に偶然、大川原清光(おおかわらきよみつ)氏のミニセミナーが無料で受講できるという機会があって、参加してみました。そこで紹介されたのが「バイオゴールドクラシック元肥」でした。 大川原氏によれば、地植え・鉢植えど(…..続く)

【ラン】コチョウランの水遣りは「夕方以降」がベスト!

雑誌「趣味の園芸」は、定期購読していますが、特集によってはかなり真剣に読むようにしています。最新版である「NHK 趣味の園芸 2017年 02月号」は、ランの特集があり、楽しく真剣に読んでいるのですが・・・週末は、特に西行がない場合は、何となくでも特集を読んでいます。 今週末、バ(…..続く)

【バラ】完全仕立て直し!「ベル ロマンティカ」をつる処理から木立ちへ

2017年1月22日 - ベル ロマンチカ

2013 年 10 月 12 日購入・・・私のメモに記録されている「ベル ロマンチカ」という品種。基本は「半つる性のバラ」として分類されているようですが、結構自由度が高く、我が家では「つる性のバラ」のようにオベリスクに巻いていたのですが。何とも上手くいきませんでした。 これまでも(…..続く)

【バラ】大好きな「うらら」の冬剪定を完了した!

2017年1月21日 - 剪定後の「うらら」(右側)

我が家で最も輝きを放っているのが「木立ち性のバラ」である「うらら」という品種です。とにかく、ひっきりなしにショッキングピンクの花を開花させてくれて、特に我妻のお気に入り。あまりの花の多さに時々圧倒されます。 そんな「うらら」は、我が家の玄関の入り口の左右にば~んと大型の鉢で構えて(…..続く)

【多肉】エケベリア属「モモタロウ」がだらしない姿・・・正しい?!

2017年1月21日撮影 - エケベリア属「モモタロウ」

どうも想像と違うな~エケベリア属の品種は、沢山の葉をギュッと固めてスッと立ち上がっている姿を想像していますし、ネット上でもそんな姿が多いようなのですが。どうでしょう、我が家のエケベリア属「モモタロウ」は! 「べローンと広がって、グシャッと座っているような姿」です。ちょっと擬音が多(…..続く)

【ラン】シンビジウムは、開花 5 本立ちを目指せ!(「趣味の園芸」より)

「NHK 趣味の園芸 2017年 02月号」が届きました。定期購読を始めて丸 3 年を経過して、4 年目に突入です。昨年から内容が更に充実して、単なる「テレビ番組のサポート雑誌」から「読む特集記事」が増強されました。要点が丁寧に説明されていて、なかなか良い!最新号の特集は「ラン」(…..続く)

【CSS3】カレンダーのリンクを丸くする

本ブログのフッター位置にあるカレンダーウィジェットを、以前からもうちょっとデザインを工夫できないかな、と考えていて、いろいろとネットを検索していました。特にリンクに関しては、工夫したかった! そこで、ネットで見つけた「[WordPress.com] カレンダーウィジェットの日付を(…..続く)

【Xperia X Compact】カメラ機能の基本の「き」:アイコンを理解する

本ブログの写真は、その多くが「SONY Xperia X Compact」で撮影しています。やっぱり手軽にパシャリとできるのは、私のような素人には程よいのだと思います。しかし、もうちょっと魅力的な写真にしたいな~と以前から思っていたのですが、全く勉強することもなく・・・ そこで、(…..続く)

【バラ】17人のロザリアンが選んだ「私の好きなバラ」たち

丸 3 年のバラ栽培を通して、繰り返し咲いてくれるバラを見ていると「これ、好きだな~」ってなバラが出てきます。そうしたバラ達を見ていると「好きなバラの傾向」があるということに気が付きました。そもそも、四季を通してバラを咲かせたいので、我が家のバラは全て「四季咲き種」ですが、その他(…..続く)

【バラ】ポンポネッラ、冬剪定を終了

2017年1月15日 - ポンポネッラ冬剪定後

「半つる性のバラ」というのがとにかく難しい・・・というのが剪定です!って、勝手に考えている私です。「つる性のバラ」は明確で、とにかく支柱を使って準備する。ところが、「半つる性のバラ」に関しては、品種によって、仕立て方によって、選定の方法が違うようなのです。 下の写真は「半つる性」(…..続く)

Copyright © 2016-2017 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme