みどりとくらす

バラとランと多肉と観葉植物と・・・

背景がボケた写真は、撮影モード「A」を利用する!

本ブログの記録として、写真を残していきたいと考えているわけで、スマートフォンからデジタルカメラに移行しようかな、と考えているわけです。せっかく所有している「Nikon 1 V2」も眠っているし、所有するレンズもあるし。

それにしても、せっかくの「Nikon 1 V2」ですが、常に「全自動」で撮影しているため、背景がボケている写真が偶然の結果なんですよね!それではあまりにも技がない。

そこで、一念発起して基本である「撮影モード」ってやつを勉強してみようかな・・・そもそも購入した「Nikon 1 V2」にある「P、S、A、M」って何?

撮影モードには「オートモード」と「シーンモード」と「P、S、A、M モード(露出モード)」があります。「オートモード」、「シーンモード」とは絞り値(F値)やシャッタースピードをカメラがコントロールします。「露出モード」は、露出を決めるために、絞り値とシャッタースピードのどの要素を撮影者がコントロールするかを選ぶものです。

  • Pモード(プログラムオート):適正露出となるように、絞り値とシャッタースピードをカメラが自動的に決めます。ただし、露出を一定にしたまま、撮影者が絞り値とシャッタースピードの組み合わせを変えることができます。これをプログラムシフトといいます。
  • Sモード(シャッター優先オート):撮影者が選んだシャッタースピードに対して適正露出となるような絞り値をカメラが自動的に決めます。
  • Aモード(絞り優先オート):撮影者が選んだ絞り値に対して適正露出となるようなシャッタースピードをカメラが自動的に決めます。
  • Mモード(マニュアル露出):絞り値もシャッタースピードも撮影者自身が選ぶので写真の表現の幅は広がります。しかし組み合わせを誤ると明るすぎる写真や暗すぎる写真となってしまいます。これを露出オーバー、露出アンダーと呼びます。このため、カメラの露出インジケーターを見ながら、絞り値とシャッタースピードの組み合わせを決めることをおすすめします。

出典:「撮影モード P、S、A、M(露出モード) – デジタル一眼レフカメラの基礎知識 | ニコンイメージング」より

上記の解説で「なるほど・・・」とはなるものの「背景をぼかす」ためには、一体どのモードを選定すればいいのか!?当然、何かを選定すれば綺麗に撮れるわけではないでしょうけど。

この疑問には、以下の引用文で明確になりそうです。

A モードは、絞り値を決めることで、背景のボケ方を調整できます。もちろん、写真写りの明るさが変わらないよう、カメラはシャッター速度を自動で調整します。適切な明るさになるよう露出補正を行いましょう。絞り値(Fナンバー)を大きくすると、背景にもピントがあったように写ります。逆に絞り値(Fナンバー)を小さくすると、背景が大きくボケます。背景にもピントを合わせるには広角レンズが向いています。逆に背景を大きくボカすには望遠レンズが向いています。出典:「6.露出モードを使い分けよう! – カメラ遊遊塾|デジタル一眼レフ入門」より

これでかなり明確になってきました。可能であれば、背景をぼかすためには;

  • 絞り値(F ナンバー)を小さくする!
  • 可能な限り望遠レンズを利用する!

上記が明確になりましたね!ただ、「A モード」にして、どうやって絞り値を調整するかは、カメラの操作方法を明確にする必要があります。

更新日: 2017年02月10日 — 12:55 AM

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

(必須) スパム対策にご協力下さい。下記、数式を完成してコメント送信して下さい。

Copyright © 2016-2017 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme