みどりとくらす

バラとランと多肉と観葉植物と・・・

【多肉】アデニウム属「砂漠のバラ」は新葉満開って感じ!

2 株を所有するアデニウム属「砂漠のバラ」ですが、1 つは全ての葉を落としてしまって、かなり心配していました。何せ、1 つの株は全く落葉が無かったので。

落葉を経験して、慌てて室内のあったい部屋へ移動・・・約 2 ヵ月が経過したのでしょうか。下写真のように完全に無くなっていた葉だったのですが、完全に満開って感じです。
2017年2月5日撮影 - アデニウム属「砂漠のバラ」
どうも落葉する前の葉よりも勢いがあるような気がします。葉の緑も奇麗だし、色艶がとっても良い感じです。こうして様子を見てみると、ひょっとするとちゃんと落葉してくれて、一時、株を休眠状態にした方が良いのかもしれません。

今後の参考のために「アデニウムの育て方 | 色々な育て方の情報 育て方ボックス」というウェブページから重要と勝手に判断した部分を引用しておきます。

育て方・栽培する上で必要な環境として、春から秋にかけての生育期には、風通しと日当たりのよい場所を好むため、4 月〜10 月までの期間は屋外で管理します。室内ではなく戸外の方が育ちがよいため、できるだけ屋外に出すようにすれば良く生育します。

(中略)寒さのほかに湿気にも弱い性質があります。生育する環境として、できるだけ雨の当たらない場所に置く必要があります。冬場は断水して落葉・休眠させ、冬越しをするのが良いでしょう。

8℃ を切るとたいがい落葉して休眠にはいります。開花の時期は特に決まっておらず、一定の気温があって成長を続けている間は周年花を咲かすことができます。真冬も花を見たいのであれば、15℃ 以上の温暖な気温環境が必要となります。

葉を落とし、休眠状態に入ると寒さにもよく耐えることができ、5℃ 程度あれば冬を越すことができます。ただし、0℃ を下回ってしまうと休眠状態でも生き残るのは厳しいため、冬場はできるだけ暖かい場所に設置するようにし、5℃ 以下の環境にならないよう気温管理には十分注意してください。出典:「アデニウムの育て方 | 色々な育て方の情報 育て方ボックス」より

ポイントとしては、「風通しと日当たり」と至極真っ当な注意点ではありますが、8 度以下で落葉、冬は断水して休眠する・・・ということでしょうか。また、乾燥させた方がより良い結果が得られまそうです。

とにかく、「花を咲かせる」ことがこのアデニウムでは目標ですから、まだまだこれからです!

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

(必須) スパム対策にご協力下さい。下記、数式を完成してコメント送信して下さい。

Copyright © 2016-2017 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme