みどりとくらす

バラとランと多肉と観葉植物と・・・

【ラン】ミディカトレア 2 品種が我が家に嫁入り

そこそこ成果が出ていると感じているラン栽培です。コチョウラン、シンビジウム、デンドロビウム、そしてデンファレ。毎年、全ての品種のランで花を咲かせてくれています。冬場は、室内へ取り込む必要があるので、ちょっと大変ではありますが、それでも開花したその姿は、やっぱりやめられません。

そんなラン栽培ですが・・・新たに「ミディーカトレア」という種類のランを 2 つ、新たに購入しました。カトレアは、以前から欲しいな~とは思っていたのですが、今回念願かなっての購入。素晴らしい花を付けています。

先ず、一つ目は「ハウヤン ベイ」という品種。
2017年2月4日撮影 - ミディカトレア ハウヤンベイ
購入先の「森水木のラン屋さん」の解説を引用しておきます。

「ハウヤン ベイ」は2枚の花弁とリップがほぼ同じクサビ柄の「ペギー サン (Peggy San)」と赤・黄・オレンジ花の優良品種作出には欠かせない「サンセット ベイ (Sunset Bay)」を交配し台湾で作出され1998年に登録されたミディカトレアです。

2枚花弁とリップの濃いピンク~赤色と中央部の黄色の発色の良さ、鮮やかさは見事です。花の形は特に母親の「ペギーサン」譲りで、均等に広がる弁先や角度、弁の大きさなどバランスは最高と言えます。

比較的寒さに強く乾燥にも耐えるカトレアですので初心者の方にもお勧めいたします。基本的な開花期は冬ですが不定期で咲く場合もあります。

さてもう一つは「ミディカトレア スィート シュガー イエローフラッシュ」という品種。
2017年月4日撮影 - ミディカトレア スウィートシュガー
こちらも同様に解説を引用しておきます。

「ミディカトレア スィート シュガー イエローフラッシュ」は 黄花中大輪の交配親としての知られるフェイ ミヤモト (Faye Miyamoto)と黄花ミニカトレヤの優良品種ビューフォート(Beaufort) を交配し日本で作出され1989年に登録されています。

そして本個体イエローフラッシュは日本洋蘭農業協同組合からブロンズメダルに認定された優良個体です。黄赤花の中輪タイプの中でも特に花形が整っています。黄色い花弁とがく片はもちろん、リップ全体が赤くなるため非常に明るい花色をお楽しみ頂けます。

比較的寒さに強く乾燥にも耐えるカトレアですので初心者の方にもお勧めいたします。

どちらも素晴らしい株で、これから 2 週間ほど花を楽しんでから切り花にしようかな~って考えています。ラン栽培は、複数年開花を楽しまなければ「成功」とは言えないと考えているので、新たな挑戦の始まりです。

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

(必須) スパム対策にご協力下さい。下記、数式を完成してコメント送信して下さい。

Copyright © 2016-2017 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme