みどりとくらす

バラとランと多肉と観葉植物と・・・

【多肉】ユーフォルピア「蛾眉山(がびざん)」は落葉する、しない!?

う~ん・・・多肉植物は本当に解りません・・・写真は、同時期に同じように通信販売で購入したユーフォルピア属「蛾眉山(がびざん)」という品種なのですが、購入時から同じ場所に置いていたし、日当たりも同じような環境だったし、水やりも同じ間隔だった・・・にもかかわらず、その姿は全く違っています。
2017年1月14日撮影 - ユーフォルピア属「蛾媚山」
とにかく勉強をするしか方法はないのですが、「蛾眉山」は落葉するんでしょうか・・・それとも、落葉することなく葉は年間を通して緑なのでしょうか。どちらが正しいのでしょう!?正解がなく、どちらにしても「生きている」と判断できるのでしょうか。とにかく「謎」の多い多肉植物。だからこそ、楽しいのかもしれませんが。

夏に葉を茂らせ、株の周囲から子株を吹き群生しやすく、まるでパイナップルに似たひょうきんな姿を見せてくれます。

一方で、冬は葉を落としますので少々さびしい格好になりますが、それもまた可愛らしく感じます。葉がなくなっても心配せず、室内の日当たりよい場所に置き、水やりを控えながら春が訪れるのを待ちましょう。出典:「ユーフォルビア・峨眉山 – 観葉植物(インテリアグリーン)通販、植え替え・メンテナンス | Regalo」より

おっと!上記によれば「冬は落葉する」そうですから、どうやらあまり悲観的にならずとも良さそうです。確かに、枝!?はしっかりしているし、根も腐っていないようですから、このまま春を待つ方が良さそうですが、それにしても室内で暖房も完備しているのに・・・どうして落葉したの!?

まだまだ手探りが続きます。

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

(必須) スパム対策にご協力下さい。下記、数式を完成してコメント送信して下さい。

Copyright © 2016-2017 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme