みどりとくらす

バラとランと多肉と観葉植物と・・・

【多肉】アデニウム属「砂漠のバラ」は落葉する!?

多肉植物の中で、かなり気になっているのが「塊根植物」と言われている茎が太くなるタイプのもの。ただ、品種によってはかなり高価でちょっと手が出し難い・・・数万円もするのですから、やっぱり怖いですよね~

そんな中でとってもリーズナブルな価格で提供されているのがアデニウム属「砂漠のバラ」という品種。早朝に撮影した「砂漠のバラ」(一際高く見える)なのですが、室外に置いておいたら一旦全ての葉を落としてしまいました。というよりも、「砂漠のバラ」は落葉種なんです!そんな常識も理解せず、慌てて室内に入れて数か月。

落葉した「砂漠のバラ」は、写真のように見事に新しい葉を出し始めました!こうした変化が嬉しいですね~「生きているんだな~」って実感する瞬間です。
2017年1月14日撮影 - アデニウム属「砂漠のバラ」
塊根植物に関しては、ネットを検索してもなかなか情報がありませんが、アデニウム属に関しては、比較的多くの情報を見つけられますので、本当に助かります。

アデニウムの仲間は、南アフリカ、南西アフリカ、ソコトラ島、アラビア半島原産です。美しい花が咲くものが多く、大きく肥大する幹や根が特徴の植物です。「砂漠のバラ」と呼ばれるものがよく流通していて、そのほかにも八重咲きや多様な花色の園芸品種がつくられています。

アデニウムは、株を大きくして花を楽しむ以外にも、独特のフォルムを生かし、盆栽のように仕立て、肥大した根や幹を楽しむこともできます。夏の暑さには強いですが、寒さには弱いので、休眠させて冬越しさせます。日光不足だと徒長するので、春から秋はよく日に当て、堅く締まった株にします。出典:「アデニウムとは – 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸」より

購入時、ちょっと育てる自信が無かったことと、お気に入りの姿の株が 2 つあったので、速攻で 2 つとも「ポチッ」と通販サイトでの購入となりました。とにかく、安かったし、到着した株は正に通販サイトで確認した株でしたし。

とにかく、大きくなって欲しいな~って考えている品種です。

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

(必須) スパム対策にご協力下さい。下記、数式を完成してコメント送信して下さい。

Copyright © 2016-2017 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme