みどりとくらす

バラとランと多肉と観葉植物と・・・

WordPress で構築されたブログの速度を改善してみた!

先日から気になっているブログの速度・・・本腰を入れて対策を実施しなければならないのでしょうけど・・・プロとしてブログを運営しているわけではないし、全くの自己満足の対策になるので、後回しにしようかな、とも考えていたのですが、とにかく気になって、夜な夜な色々試して成果があったのでご報告。

先ずは、これまで実施した対策をリストします。新しい対策(最近、実施したもの)からリストしてあります。

本サイトの速度向上のための対策
対策 Mobile Speed Desktop Speed
対策 6:サイドバーから楽天アフェリエイトを削除 77(劇的に改善) 92(劇的に改善)
対策 5:プラグイン「WP Fastest Cache」を 有効化 70(変化なし) 85(僅かに改善)
対策 4:「Xserver」の「mod_pagespeed 設定」を ON 70(僅かに改善) 81(僅かに改善)
対策 3:「.haccess」でブラウザキャッシュを利用(削除) 67(変化なし) 77(変化なし)
対策 2:「.htaccess」を使って gzip 化 67(劇的に改善) 77(劇的に改善)
対策 1:ブログ内の画像を圧縮 52(僅かに改善) 59(変化なし)
未対策 50 59

上記の対策の結果は、以下の画像で確認できますよね!モバイルスピードに関して、もうちょっと上を狙うべきなのかもしれませんが、個人的には満足なので、本日現在ではここまで。

対策の詳細(といっても、ほとんどがネット検索で見つけた公開記事の内容そのものですから・・・)を示しておきます。

対策 1:ブログ内の画像を圧縮

真っ先に想いつた簡単な対策として、採用している画像の圧縮でした。何はともあれ画像を圧縮する・・・なぜかそう考えて「EWWW Image Optizer」というプラグイン。ネット上に設定方法や利用の仕方が溢れていますから、本ブログで詳細を説明することは避けますが、本ブログでは期待していたほど効果がない!

これはちょっとショックでした!デスクトップスピードに関しては、全く効果なし!使い方にも問題があるのかもしれせんが・・・それにしても劇的に改善されると信じていただけに、出区の大きさは計り知れない・・・

対策 2:「.htaccess」を使って gzip 化

「PageSpeed Insights」の評価で「GZIP 圧縮」が実施されていないということが判明。何が何だか不明でしたが「.htaccessでかんたんgzip圧縮!プラグインを使わずWordPressの表示速度を上げる方法 | Sotook! ブログ サイトアフィリエイト・マーケティングWEBサイト」という公開記事を発見!しかも、「Xserver」で効果あり、ということですからやるしかない!

詳細はリンク先を確認して頂きたいのですが、本サイトでは全くのコピペで「.haccess」にコードを追加。期待していませんでしたが何と!モバイルスピードもデスクトップスピードも劇的に改善されている!

対策 3:「.haccess」でブラウザキャッシュを利用

キャッシュに関しては、不安がありしたがやるしかない!特に「対策 2」で効果が劇的に確認できた「.haccess」ファイルの変更は期待大!そこで見つけたのが「ブラウザキャッシュの設定をしてWordpressブログの表示スピードを上げる方法」です。

こちらもリンク先にある内容を参考に、紹介されているコードをそのまま「.haccess」へ移植しました。しかし・・・あれっ!?全く効果なし。この対策も「Xserver」をベースにしていたので、かなり期待していたのですが残念ながら確認できなかったので、コピペしたコードを削除しました。

対策 4:「Xserver」の「mod_pagespeed 設定」を ON

対策 3 と 4 は「Xserver」がベースになっているので、ひょっとすると「Xserver」でほかのやり方があるんじゃないかな~ってな安易な考えでネットを検索。すると・・・やはりありました!
「エックスサーバーがmod_pagespeedを導入!ページスピードインサイトのポイントが大幅向上した驚異の効果!」ってのがそれ。詳細の解説はリンク先を確認して頂ければと思いますが、この対策は単純に「Xserver」の設定で「mod_pagespeed 設定」を「ON」するだけという単純なもの。最初に実施していたらどうなっていたかな~

ただ、「対策 2」のコードを残しての「mod_pagespeed 設定」を有効化して多少なりとも速度の向上が確認できましたから、どちらにしても「対策 2」と「対策 4」は併用するのが良いのでしょう。

対策 5:プラグイン「WP Fastest Cache」を 有効化

WordPress を利用して暫く経過すると「キャッシュ関連のプラグインは有効化する」なんていう偏見が。私だけかもしれませんが、やっぱりキャッシュ関連のプラグインは導入しておきたい。ただ、市場では有名な「WP Super Cache」とか「W3 Total Cache」は、以前ブログを運営していた時に痛い目にあっているので、できれば敬遠したい。

そんなことを考えているとネット上に「WordPressキャッシュプラグインの最終兵器「 WP Fastest Cache」」という公開記事を発見!「キャッシュの削除が簡単」という説明文が決め手でした。

リンク先の開設通りに設定しようかな・・・とも考えたのですが、これまで本ブログで CSS に関してトラブルが多いので、取り急ぎ「CSS の圧縮」と「CSS の統合」に関しては無効化しました。

これで効果を確認!素晴らしい!!モバイルスピードでは効果無し(どうやらモバイル系の対策は有償のようです)でしたが、デスクトップに関する効果が確認できました!

対策 6:サイドバーから楽天アフェリエイトを削除

「対策 5」まで完了して「GTmetrix」で速度を計測。結果は・・・あれっ!?Page Speed が「B」評価。当然、「A」評価だと思っていたのですが、多少なりともショックを受けました!

詳細を確認してみるとどうやらホームページのサイドバーに設定してある「楽天アフェリエイト」が悪さをしているようだったので削除。すると・・・最終的にモバイルスピード「77」、デスクトップスピードで驚異の「92」をマーク。十分に満足できる結果でした。

総括

対策の順番や重複しているよな対策もあるのでしょうけど、取り急ぎ、この状態を維持したいと思います。また、上記、「Think with Google」だけではなく。「GTmetrix」の結果も表示しておきましょう。

「Page Speed Score: A」、「YShow Scope: B」は、想定以上の評価だと考えているので、とっても満足ですが、ほとんど訪問者のない本ブログは・・・誰も気にしてくれないかな~

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

(必須) スパム対策にご協力下さい。下記、数式を完成してコメント送信して下さい。

Copyright © 2016-2017 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme