みどりとくらす

バラとランと多肉と観葉植物と・・・

【Snippet】気楽にコメントを頂けるよう「コメントフォームを簡素化」の方法

実際には頂いたコメントはありません・・・しかし、いつか頂けるものと信じて・・・可能な限り遠慮なく、ちょろっとコメントを残してやろうと思って頂けるようにコメントフォームを簡素化しておきたいな、と考えています。

いろいろと対応策はあると思いますし、プラグインなども存在しているようですが、本ブログでは「子テーマ」を設定しているので、「子テーマ」にある functions.php にコードを加えることで、以下の対応を実現しています。

  1. 「コメント残す」という文言の変更
  2. ウェブサイトやメールアドレスの記入欄を削除
  3. 上記に関連して「メールアドレスが公開されることはありません」といった余計な文言を削除

それぞれの方法は、公開されている素晴らしいサイトを参考にしていますから、詳細な説明は本ブログでは記述しませんので、是非、参考サイトを確認して下さい。

「コメント残す」という文言の変更

それにしても「コメントを残す」ってタイトルはどうも横暴だな~コメントする側から考えるとちょっと上から目線になるのではないでしょうか・・・って、ちょっと過剰に考えて「コメントを残す」って文言を変更したいな~と考えました。

そこで「WordPress – “コメントを残す” 削除・文言を変更する方法」を参考に以下のコードを functions.php に導入しました。

どうでしょう・・・「気楽に・・・」という文言に変更しました。これでコメントが増えるとは思いませんが(コメントは、結局は投稿記事に内容次第ですから)、ちょっとは柔らかい感じがします(思い込みです!)。

ウェブサイトやメールアドレスの記入欄を削除

コメント欄にある「ウェブサイト」や「メールアドレス」って本当に必要なんでしょうか!?これがあるとちょっとしたクレームがコメントしずらくなる(笑)。基本は、コメントして頂いた内容は受け入れる・・・です。これに対する対応策は「Frontier」の運用サイトでも記述がありますが、私個人は「WordPressコメントでウェブサイトやメールアドレスの入力欄を消す | inosh blog」を参考にさせて頂きました。

functions.php に加えたコードは以下の通りです。

これはもうコードをコピペしただけ。素晴らしいですね~一瞬にしてウェブサイトやメールアドレスの欄を削除することができるんですから!

上記に関連して「メールアドレスが公開されることはありません」といった余計な文言を削除

こちらも、コメントフォームの余計な記述があれば削除しちゃいます。というか、上記でメールアドレスの記述が必要なくなりましたから、「メールアドレスが公開される・・・」ってな文言は不要です。こちらも「WordPressコメントでウェブサイトやメールアドレスの入力欄を消す | inosh blog」に詳細が説明されています。

こちらも、コードをコピペするだけで実現できますから、多くの方々が実現できることだと思います。本当に素晴らしい!

総括

これで、かなりすっきりとしたコメントフォームになったと思います。最近、Facebook のコメント欄が多く採用されるようになっていますが、私個人として Facebook を辿っていろいろなことを公開するのは気が引けるため、Facebook のコメント欄を利用する場合、コメントするのを躊躇してしまう!

もっともっと気楽にコメントを・・・そう願って、上記のような工夫を施しましたが、結局は投稿記事の内容を充実させなくては意味がありませんね!

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

(必須) スパム対策にご協力下さい。下記、数式を完成してコメント送信して下さい。

Copyright © 2016-2017 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme