みどりとくらす

バラとランと多肉と観葉植物と・・・

【多肉】多肉植物を始めるきっかけになった初心者向け!?ハオルチア属

2016 年夏・・・定期購読している「NHK 趣味の園芸」という雑誌に多肉植物の特集が!その特集の中に初心者向けとして紹介されているのが「ハオルチア属」の多肉植物でした。「趣味の園芸」によれば、ハオルチア属は、何といっても大きくならず、室内で栽培できるという謳い文句にあこがれて・・・通販でポチッとやってしまった。

バラやランの栽培は、それなりに軌道に乗っていたし、何といってもバラやランを始める前に大失敗(12 品種の多肉植物を購入して、あっという間に全てを枯れさせてしまった・・・)からのリベンジがしたかった!
2017年1月6日 - ハオルチア属
現在、ハオルチア属の多肉植物は 7 品種を所有しています。

所有している「多肉植物:ハオルチア属」リスト
No. 品種 株数 購入日
1 レディー 1 2016年8月17日
2 氷砂糖 1 2016年8月17日
3 ザラメツーサ 1 2016年8月17日
4 十二の巻ワイルドバンド 1 2016年8月17日
5 オブツーサ 1 2016年10月2日
6 十二の爪 1 2016年10月2日
7 白蝶(はくちょう) 1 2016年10月2日

もうちょっと詳細を確認しておきます。それこそ、多肉植物にはまった雑誌「趣味の園芸」ですが、ウェブサイトも充実していて「ハオルチア属」に関する解説もあります。

ハオルチアは、ロゼット形に育つ春秋生育型の多肉植物です。ほとんどの種は大きく育っても15cm程度と手ごろなサイズで楽しめ、一年中室内の明るい場所で育てられるため、最近の園芸の楽しみ方に適している多肉植物かもしれません。

園芸的には、葉が堅く株のシャープなフォルムを楽しむ「硬葉系」と、葉が柔らかく透明感のある種類を含む「軟葉系」に分かれます。どちらも密に重なった葉が放射状に展開し、幾何学的で整った株姿になるのが魅力です。出典:「ハオルチアとは – 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸」より

上記の「硬葉系」としては、上記のリストの「十二の巻」、「十二の爪」、「白蝶(はくちょう)」の 3 品種がそれに当たります。その他の 4 品種は「軟葉系」に分類されるようです。個人的には「硬葉系」の方が好きだったりしますが、朝日に浴びて透き通った部分を見せてくれる「オブツーサ」なんかも好きです。ごくごく一般的かな。

これから、ハオルチア属は集中して栽培するようなると思いますが、とにかく大株にすること!この 1 点に絞って楽しんでいきたいと考えています。

更新日: 2017年01月08日 — 9:55 AM

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

(必須) スパム対策にご協力下さい。下記、数式を完成してコメント送信して下さい。

Copyright © 2016-2017 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme