みどりとくらす

バラとランと多肉と観葉植物と・・・

【ラン】2017年1月、シンビジウム(詳細不明)に 10 の花径は行き過ぎ!

我が家では、3 品種のシンビジウムを所有しています。最近では、テーブルシンビジウムとか言ってかなり小型のものがあるようですが、我が家には従来からの大型の品種です。1 つは「キャンドルナイト」と呼ばれている黄色の花、もう一つは「夜想曲」という緑の花。そして、我が家には 2012 年 12 月 20 日にやってきた淡い紫色の花を咲かせる詳細不明のシンビジウム。

昨年(2017 年)、キャンドルライトは 3 つの花径から素晴らしい花姿を、夜想曲も 2 つの花径から見事に花を咲かせてくれましたが、気まぐれな詳細不明のシンビジウムは、花径すら出してくれませんでした・・・以下、詳細不明のシンビジウムの履歴です。

  • 2012 年 12 月:開花株を購入(開花時、3 つの花径)
  • 2013-14 年シーズン:花径すら登場せず。
  • 2014-15 年:花径すら登場せず。
  • 2015-16 年:花径 1 つ。見事に開花。

そして今シーズン、即ち 2016-217 年ですが・・・何と花径が 10 も登場している!
2017年1月3日:シンビジウム(詳細不明)
本来シンビジウムは、花径を制御することで大輪の花の花径を待つ方が良いそうです。毎年花を咲かせるためには、そうした一手間が必要なのですが、昨年の 11、12 月と丁度花径が登場したころに、仕事が忙しかったことと、2 週間の海外出張で、花径を切り取ることを怠ってしまった・・・

10 の花径!間違いなく開花するとは思うのですが、全ての花径に花を咲かせると、来年度は間違いなく開花はないでしょうね~株が疲れてしまって開花に至らない・・・そんな基礎知識はあるのですが、どうしても登場した家計を処分できません。

10 の花径・・・今シーズンは、このまま突っ走ります!

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

(必須) スパム対策にご協力下さい。下記、数式を完成してコメント送信して下さい。

Copyright © 2016-2017 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme